San Diegoから日本に帰って、さらにめまぐるしく駆け抜ける日々。そんな日常でもちょっとした心の余裕を感じる瞬間を切り取っていきます。


by kenny56jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
d0154643_427667.jpg 今回の出張の行きの飛行機で。クリントイーストウッドの映画はやっぱり、泣かせる。いいです。しかも野球がテーマになるとなおさら。今年いきなりいいのにあたった。現在82歳。あと何本かみられるといいな。
[PR]
# by kenny56jp | 2013-01-13 17:26 | Cinema
d0154643_22435411.jpg
  本当に今年はBig Bandの当たり年。そして今年のシメにふさわしいBand。Maria Schniderは数あるBig Bandの中で今も新しい曲とアレンジで新境地を切開いている唯一Band。待望の来日を心待ちにしていた人は多かったに違いない。私もそのひとりではあったが、到着が遅くなり、席がステージの真横となり、オーケストラのアンサンブルを浴びることができなかったのが本当に残念。だが、マリアの指揮する姿をしっかりとこの目に焼き付けました。大好きなSky Blueの曲の演奏がこのセットでは無かったのが、その分知らない曲のすばらしいアレンジの数々を新鮮な気持ちで楽しめた。やはり、美しい現代を代表するBig Bandでした。素晴らしい!!!
[PR]
# by kenny56jp | 2012-12-18 23:32 | Music
d0154643_2344651.jpg  本日は松岡直也の音楽活動60周年記念で伝説のバンド、ウィシングのコンサート。ウィシングはブラスバンドを始めた中学時代にラジオで聞いてから、ずっと憧れていたラテンフュージョンビックバンド。メロディが美しくて、キメがバシバシで、とにかくカッコいい。大好きなsax土岐さんのプレイも最高に生きるバンドだった。高校卒業する頃には活動中止に多分なって、それ以来伝説と化している。
  チケット買うのに出遅れてしまい、入手できなかったが、ダメ元で行ったら当日券が入手できて、なんとかこの貴重な時間を共有し、30年越しの夢を叶えることができた。やっぱりカッコいい!土岐さん、ポンタさん、ゲタ夫さん、カルロスさん、和田あきらさんなど、当時の主要メンバーがほぼ揃って、テープが摩りきれるほど聴いた曲の数々。間違いなく今でも最高レベルの曲とドライブ感。きもちいい!このまま活動再開してもらえないかな?
[PR]
# by kenny56jp | 2012-11-30 23:05 | Music
d0154643_2302536.jpg 毎年、恒例のVanguard Jazz OrchestraのBillboard Tokyo Live.これだけは絶対に外せない。バンドのキメもノリも最高だけどオーディエンスも最高。本当のフルバンド好きしかいない感じ。観客に呼応するように玄人好みの選曲がまたいい。
今回は大好きなDickが来ていなかったが、その分Steve Wilsonが頑張ってました。また来年も来てね!
やっぱ最高!!!!!
[PR]
# by kenny56jp | 2012-11-18 22:59 | Music

大西順子@Blue Note Tokyo

d0154643_22542037.jpg 大西順子のラストツアー。
実は私はこの人のデビュー前の演奏も知っていましたが、デビュー後も演奏にどうも違和感を感じ、その後きちんと向き合ってきていませんでした。でも彼女の引退メッセージを読んで、彼女後がその後どれだけひたむきにJazzに向きあい、そしてオーディエンスへのかかわり方を考えていたかを知った。そして彼女がある程度満足のいく地点に到達し、この決断をしたことに、とても感動し、彼女の音楽に触れてみたい、真剣に向かい合ってみたいと思い本日のライブに臨んだ。
  初めてライブを聴いたが、その演奏の次元の高さに正直ビックリした。音の使い方、ソロの構成、バンドとしての完成度の高さ、どれも最高レベルだと思う。引退はもったいない。陽介さんのベースも久々に聴いたが、凄かった。最後のツアーに立ち会えて本当によかった。
[PR]
# by kenny56jp | 2012-10-27 22:46 | Music

東京Jazz2012

d0154643_2324577.jpg  今年も来ました東京JAZZ!今年は野外のPLAZAでまだ知らぬ欧州JAZZの生きのいいライブを聴くことにした。野外フェスはとっても気持ちいい。これでfreeとはなんだか申し訳ないくらい。
  そんな中でも一番のあたりはYuri Honing Accourstic Band! このバンドはすごい!曲もアレンジも秀逸。物凄いテンション。テナーの音の太さ、豊かさ、自由奔放な浮遊するようなplay。最前列で堪能した。思わずCDまで買っちゃいサインももらいました。いや~いいバンドだ。
[PR]
# by kenny56jp | 2012-09-08 23:21 | Music

Mingus Big Band @Blue Note Tokyo

d0154643_8234663.jpg 今年は絶対にBig Bandのあたり年。久々のMingus Big Bandは相変わらずアバンギャルド。最前列で強烈な音のシャワーを浴びまくった。Alex Fosterの生音を堪能できたし、ロビン・ユーバンクスのソロも最高だった。やっぱ、いいっす。このバンド。ということで芸術の秋=Jazzの秋スタート!!
[PR]
# by kenny56jp | 2012-08-31 23:12 | Music
d0154643_8342594.jpg Bob Mintzerは大学時代からあこがれのプレイヤーの一人だが、彼のアレンジするBig Bandはとても斬新でかっこよかった。あのジャコパスのBig Bandのアレンジも彼がやったもの。ただ、彼のBig Bandはスタジオのリハーサルバンド的活動が多く、ツアーに出るなんてなかなかない。この機会絶対に逃すわけにはいかない!!
 立ち見で臨んだ今回のライブ、とこかくすごいライブだった。やはりBobのアレンジは秀逸。
バンドはとてもよくリハーサルしていて難しいアレンジを完璧にプレイ。ピーターアスキンとラッセルフェランテらのリズム陣はビシバシ決まるし、滅茶気持ちよかった。VocalのKurt Ellingの入ったパットメセニーの代表曲misuanoは圧巻。
 生で聴く機会に恵まれて本当によかった。最後にBobとPeter握手も出来て最高!
[PR]
# by kenny56jp | 2012-06-23 23:26 | Music

Pat Metheny @Blue Note Tokyo

d0154643_8503298.jpg 今年は1月からいきなり大物、パットメセニーの来日からスタート。昨年出したアコースティックアルバム、What it all aboutをベースにしたBassとのDuo。
 最初はパットのアコースティックギターのソロから。なんと天空の城ラピュタ。なんでも子供が好きで何度も見ているうちに思いついたのだそうだ。そこからはもう、パットワールド。今回のBass、LARRY GRENADIER、なかなかいいね。パットのギターにすごくあっている。最後はオーケストリオンも登場し堪能させていただきました。幸せ。
[PR]
# by kenny56jp | 2012-01-25 23:41 | Music
d0154643_101876.jpg
 今年のクリスマスのご馳走は、箱根に行ったので、相原精肉店の恒例ローストビーフと、初挑戦ローストチキンを戴いた。どちらも最高!!
d0154643_1021866.jpg

[PR]
# by kenny56jp | 2011-12-24 23:58 | Food